マリリズム日記 by 武田マリ

アクセスカウンタ

zoom RSS さらば真っ赤号!(沖縄旅日記-4)

<<   作成日時 : 2010/07/02 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初沖縄にして(私も「ほとんど初」になりますね)いきなり自然の多い地域で時間を過ごした私たちは、真っ赤号で那覇へと向かいました。

途中、コザ(沖縄市)に立寄り、アメリカンな街並みやアメリカンな人たち(そのまんまですな)を見たりしつつ、週末の渋滞も激しい那覇へ。
そして真っ赤号に別れを告げて、国際通りのホテルに到着。早速那覇観光に出かけました。

今まで海!空!木!みたいな世界にいたので、国際通りが「原宿」に思える私たち。
そして向かった先は「第一牧志公設市場」。
市場というから築地みたいな感じ???確かに通りは「場外」って感じで店が並んでて、市場の入口が分からず、最初は通り過ぎてしまいました。
やっと中に入れて、うろうろしつつ出会ったブタさん。

画像


ブルースブラザーズみたいじゃないか。

市場はダカールもバマコも那覇も(たぶん築地も)同じだね。活気があって、目が合ったらもう本気の売り込みが始まるので、あんまりゆっくり見てられないです。
おまけに私は鮮魚の売り場に並ぶ鮮やかな色の魚たち見てたら気分悪くなりました。だって、あまりにも目がデカイんだもん。しかも普通魚って片面が表向きにして置いてあるでしょ。なのに、ここの魚ったら立体的で(なまずとかアンコウみたいな感じ?)そのデカイ両目でこっちをにらんでる。うーん、ちょっと負けました。

逆に「食欲が湧いた」という武田ヒロユキは、2階の食堂でちょっとテビチなど食べつつビールで一休み。
「うーん、やっぱり手首から先は、いっぱいホネがあるんだよねー」とか言いつつ、自分の手を眺めつつ感慨深そうに食べてました。

画像


市場を出て、私は果物を求めて場外をぐるっと回ってみることにしました。
そこでなんと!出会ったにゃんこ。

画像


このにゃんこ、泡盛屋さんの「ネコ店長」だったのです。
お店の人に名刺をいただいたらそこには
「猫店長 猫 威助(にゃん うぇいつ)」
と書いてありました。
店長さん、いい泡盛ありますか?何がおすすめ?
と聞いてたらお気に入りのおばさんが隣の店で野菜買ってたのを見つけ、その人のところに行っちゃった。
代わりに店の「代表」の方がちょっとマニアックな幻の泡盛(ネットに書いちゃっていいのかどうかわからないので詳しくは沖縄報告会でね)を試飲させてくれて、速攻購入。
いや、泡盛は買うつもりなかったんだけどね。
これは私たちだけで飲むのはもったいないので、いつか泡盛好きな人と一緒に泡盛パーティでもしながらゆるゆる飲みたいもんです。

そうそう、もちろん果物も買いました。
食べたいと思ってた島バナナと、生まれて初めて出会った果物、その名も「カニステル」。

画像


カニステルって何だ???
と思ってたら「くりのような味」と書いてある。
店のおばあちゃんに、これ、どうやって食べるの?
と聞いたら「ただ割って食べればいいのよ」と。
すぐに食べられそうな熟れたものを選んでもらい購入。

カニステル、割るとこんな感じでした。

画像


味は、本当に栗、というかふかしイモみたいな感じで、水が飲みたくなります。
でもすごくおいしいです。
鮮やか〜な山吹色の果物は、食べたあと歯を磨いたら、歯ブラシが黄色に染まりました。
恐るべし沖縄の果物。強い・・・。

島バナナはね、これまたバリ島で食べたバナナみたいで、味は台湾バナナとかに似てるのかな。美味しかったな〜。何で東京では手に入らないんだろう?(手に入らないですよね?)

そんな市場体験、やっぱり面白かったです。
私は場外の方が面白かったかな。なんか島らっきょうをひたすらむいてるおばあちゃんとかいるのよ。これがまたバマコやダカールでピーナッツ売ってるおばあちゃんみたいだったり、そんなアフリカンなノリもあったりしてね。

(つづく)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さらば真っ赤号!(沖縄旅日記-4) マリリズム日記 by 武田マリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる