マリリズム日記 by 武田マリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様「音楽」をありがとう

<<   作成日時 : 2011/03/09 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジャイロのクライアントさんで、私より、ちょっとお姉さんで、ファッション業界でバリバリ働いていらっしゃる方がいます。
この方、だいたいトレーニングの時に着てるTシャツが「ロック系」なもんで、音楽好きなんですねー、ということから音楽の話で盛り上がってしまうこともしばしば。
しかもマニアック。
しかもライブにもよく通っていらっしゃる。

そんな彼女がここ半年ほど、家族のご病気が重なったりしてかなり精神的にも肉体的にもしんどい時期があったのですが、「こんな時にどうかな、と思ったんだけど、友達がチケット取ってくれたから」と、某ライブに行かれた後、

「やっぱりライブに行ってよかった。
神様、『音楽』をありがとう、って本当に思う。」

と言ってたことが印象的でした。

先週、ダンスクラスを休んで武田ヒロユキと武道館にBEGINのライブに行ってきました。

去年、アフグル15周年を迎えるまで、本当に私はほとんどクラスを休まないで頑張ってきてて、癌手術の後も、周囲の人に「早すぎる」と言われるタイミングで復帰。
でも、やっぱり休みも大事と夏休みを取って6月に沖縄に行ったことは、身体にとっても心にとっても大きなことでした。
で、その後、15周年のイベントに向けて作業の時によく家で聴いてたCDはBEGINや沖縄や奄美の音楽で、アフグル15周年の年がBEGIN20周年と知り、そのツアーのシメのライブが今回の武道館だったのです。

約3時間に及ぶステージは、いい感じに力抜けてて、でもすごくパワフルで、こういう感じは長く活動している人だからこそ滲み出て来る雰囲気なんだな、と痛感しました。
もちろんエンターテイメントとしていろいろと計算しているんだろうけど、「見せよう」と気負ってる感じはなく、音楽と一体になった彼らがそのまま等身大でそこにいるという感じは、武道館だろうが小さなライブハウスだろうが民謡居酒屋だろうが、この人たちこのまんまなんだろうなーと。

そういえば武道館て久々。
中学までバレエ一筋少女だった私は、中3の後半あたりから怪しくなってきて(?)、高校1年の時に初めてライブに行ったのが武道館でスティーヴィー・ワンダーだったんですよ。
この時の体験は衝撃的で。
とにかく、その後1週間、まったく音楽が聴けないくらい衝撃的だったんです。スティーヴィーのレコード(当時)でさえ、もうその生の印象とまったく全然違いすぎて、ホント何も聴けなかった。消化するのに1週間かかったってことか?
まあ、そんな思い出の武道館。

いつもダンスクラスを楽しみに来てくださっている方々のことを思うと、クラスを休みにすることをかなり迷ったけど、やっぱり行かせてもらってよかったです。
今ではもう大人なので、消化するのに1週間もかからず(もちろん、じっくり熟成させることもあると思いますが)、今回の私の「神様『音楽』をありがとう」体験が、今後の自分のダンスに生かせていけると思いますので、お楽しみに。


ちなみに写真は会場で購入した三線タオル。


画像



一見同じ三線に見えますが、「南風原型」「知念大工型」「久場春殿型」「久葉の骨型」「真壁型」「平中知念型」「与那城型」とあるらしい。
ジェンベもマリ型、ギニア型、ブルキナ型とか並べてこういうタオル作ったら面白いかも。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神様「音楽」をありがとう マリリズム日記 by 武田マリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる