マリリズム日記 by 武田マリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 責任重大

<<   作成日時 : 2011/05/10 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『100,000年後の安全』という映画を見てきました。

原発で使用した放射性廃棄物を地下深くに貯蔵する場所『オンカロ(「隠れた場所」を意味する)を建設しているフィンランドの状況を映したドキュメンタリー映画です。
放射性物質が生物にとって無害になるのには気の遠くなる年月が必要で、この映画ではそれを10万年としていて、実際、専門家たちが真面目に10万年後の人類に、これが危険なもの、危険な場所であることをきちんと伝えられるだろうか、と話し合ったりしてるのね。

いや、すごいことですよ。

だって10万年後・・・

言語が違うだろう→絵でわかるように標識を立てた方がいい?→いや、そうすることで何かの墓や財宝があるかもと、逆に好奇心をそそられて掘りたくなるかもしれない・・・

とか、そういうことを話し合うわけです。

そして、何よりもずっしりきたのは、とにかく原発推進とか反対とかに関わらず、「使えば必ず廃棄物が出る」わけで、それを避けては通れない、ということに対する認識と考え方です。

日本では、使用済み燃料を再利用する方向で青森県六ヶ所村の工場を試験運転中で、最終的にウランとプルトニウムを取り出して再利用する計画だけど、フィンランドでは地下貯蔵のみで再利用はしない。それはプルトニウムが核爆弾の原料になるからで、国際的なテロ組織が核爆弾を手にする脅威を避けるためだそうです。

重い映画です。
でもそれがしっかり見据えていかなければいけない現実なのだということ、知ることを怠ってはいけないとを教えてくれる映画です。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
責任重大 マリリズム日記 by 武田マリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる