マリリズム日記 by 武田マリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「食事」ということ

<<   作成日時 : 2011/05/06 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少し前に西荻のこだわり本屋に行った時にたまたま見かけて、パラっと開いて気になって買った本があります。


画像



「やさいのかみさま」

カノウユミコさんという方が書いた本でした。
この方、いわゆる料理研究家としてお料理の本を何冊か出している方ですが、この本はレシピの本ではなくエッセイです。あ、レシピも出てるには出てるけど、エッセイがメインです。

で、何で気になって買ったかっていうと、たまたま開いたページに『死の医療』というタイトルの文章があって、なんでも終末医療、つまり死んでいく人を安らかに見送るための温熱療法を勉強したことがある、という内容のことが書いてあったのです。

いや、これはかなり衝撃的でした。でも、すごくいい内容なんです。
料理を作る人がこういうことを考えているのだと、最初はかなりびっくりしたのだけど、このカノウさんは「食事」を「命をいただく行為」と考えているのね。なので、生きることもだけど死ぬことにも大切に向き合ってて、それはさらに今、ここにいる自分を大切にするという姿勢に繋がっていて、いや、本当に素敵です。

日々の生活で絶対行う行為、「食べること」「料理をすること」は、あまりにも日常すぎて、私のような不規則に仕事をする人間にとっては、時に「追われて行う義務にすぎない」と感じてしまうことも正直多かったのです。

・・・反省。

でも、あまりにも日常だからこそ、食事に向かう姿勢を見直すことは、生き方を見直すことにも繋がるのだと、改めて教えてもらいました。

興味のある方はぜひチェックしてみて。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「食事」ということ マリリズム日記 by 武田マリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる