マリリズム日記 by 武田マリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 農園ツアー 2

<<   作成日時 : 2014/06/30 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小川村滞在2日目は気持ちよく太陽が現れてくれました。

農園主の収くんは早速収穫に出ていましたが、私たちはゆっくり朝ご飯などいただきながらのんびり過ごし、朝の収穫が終わる頃、集荷場へ ↓

画像



これ、すべて収くんの手作りなんだそうです。
手前には今、収穫したズッキーニが並んでいます。 ↓

画像


奥には「昼寝部屋」まであります。
少しずつ少しずつ作り足し、少しずつ機能的に進化しているそうで、こんなことまでできちゃうんだ〜、すごいなぁ〜と、ひたすら感心。

しかも、手作りのトイレまで! ↓

画像



ティピーみたいで可愛い。
中は暗くて写真撮れなかったけど、本当によくできてました。
もちろん水洗ではないですよ。


さて、タケダさんと私は収くんの畑に案内してもらいました。
いくつかの場所に分かれいる畑、作物もいろいろありますが、まずは今、収穫が始まったズッキーニ!↓

画像



そして、インゲン! ↓

画像



この写真、よーく見ると、収くんの手の中にインゲンのベイビーがいるんですよ(笑)


他にもいろいろな作物があり、畑をまわりながら、野菜のこと、作業のことなどいろいろと教えてもらいましたが、知らないことばっかりで本当に勉強になりました。
いつも送ってもらっている野菜がここでこんなふうに育っているのか〜と、嬉しくなったり、そのために収くんがいろいろとトライしていること、とても教えてもらわないと想像もつかないこともたくさん聞かせてもらえたりして(きっとまだまだこんなもんじゃないと思うけど)、それだけでもここに来て、直接自分で見て、聞けて、感じられたことは大きかったです。


さて、お昼は車で隣の村?にある「農園カフェ」へ。↓

画像



そして、なんと、こんな子たちが!↓

画像


カフェで飼っている山羊さん。
3匹の子やぎたちが草をもりもり食べてました。
いや〜ハイジの世界。

山のカフェでゴージャスなランチをいただいた後、再び集荷場に戻り、私たちも少しだけお手伝いさせてもらいました。

タケダさんはズッキーニの箱詰めに必要なクッションの役割の新聞紙折り ↓

画像



私は収穫されたズッキーニについている土を拭き取りつつ、キズがあったり、大きくなりすぎたりしているモノを選り分ける作業。

「農業体験としてはすごく地味な部分ですよね〜(笑)」と言う収くん。
確かに普通の農業体験は畑に出て、収穫、つまり「みかん狩り」とか「いちご狩り」に近いところだと思うので、私たちの体験させてもらった作業は地味なのだろうけど、こうやっていろんな人の手作業の積み重ねであの野菜たちが届いているのだということがよく分かり、私にとっては貴重な体験でした。
普段自分たちがやっていることも、ドラマーがいてダンサーがいて、人力で成り立っている世界。その中で起きることはやっぱりかけがえのないことなのです。


そして収くんは再び夕方の収穫のために畑に戻っていきました。

ズッキーニを手に、小川村で会えた喜びを身体で表現する収くんとタケダさん ↓

画像



収くん、ありがとう。
また遊びに行かせてね。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
農園ツアー 2 マリリズム日記 by 武田マリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる