マリリズム日記 by 武田マリ

アクセスカウンタ

zoom RSS さらば、ジンクス!タリベ、サンクス!

<<   作成日時 : 2015/02/24 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アフリカングルーヴを立ち上げて今年で20年になります。
クラスを始めた年に生まれた子が成人か〜と思うと、まあいろんな思いが巡ってしまいますが、それはちょっと置いておいて。
その20年の間に発生した「アフグルジンクス」というのがいくつかあります。まず代表的なのが、

★ダンスクラスでやりたいリズムをリクエストすると、その人がそのクラスに参加できない。

これは、なんだったんでしょう?
クラス参加者に「今度のリズムな何ですか?」と聞かれて、まだ決めてない時に「何かやりたいリズムのリクエストある?」と聞き返し、「○○が踊りたいです!」と言われ、そのリズムをやると、リクエストした本人がクラスに来ない・・・ということが頻発しました。
事情は様々だったようですが、これ、なんだったんでしょう?宇宙の法則とかそういうこと???

ところが、数年前に火曜日のクラスで同じリズムを2ヵ月やるようになった頃、いや、リクエストのリズムを結果的に2ヶ月やれたことがきっかけだったのか?リクエストした人がちゃんと参加してくれたことから長年のこのジンクスが消えました。

そしてもうひとつ、

★いい映像や演奏が残らない。

これまた宇宙人のいたずらか〜?みたいな話ですが、私も武田ヒロユキも、かつてアフグルクラスに参加してくれていたHセンパイも、アフリカやアメリカにダンスやジェンベの勉強をしに行った時、先生が「さあ、録音しなさい」と模範演奏をしてくれたその瞬間に録音機材が壊れる、ということが頻発。しかも、その後録音機材が何ごともなかったかのように直る、という、もう、呪われてるのか?みたいなウソのような本当の話。
お陰でその瞬間はもう全身の細胞を録音機材のようにして聞き漏らさないように集中し、自分の中では「録音」されているけど、他人と共有できない悲しさ・・・。

さらに、そういう経験を積んできたので、10周年記念イベントの時に、録画機材を2台用意して、1つはメイン1つは予備、という体制で臨んだら、メインが壊れた・・・。何とか予備の方で録画できたにはできたけど、あまり性能がよくないので、いまひとつ鮮明に録画できず。
15周年の記念イベントの時も、「任せてください」と言ってくれた人に録画をお願いしたら「ハレーション起こしました」とあっさり言われ、こちらも録画できたけど、全然鮮明ではなく・・・。

ところが、少し変化がありまして、昨年、ついにアフグルドラマーの演奏がCDとして残り、最後の「いい映像は残らない」というジンクスがまだひっかかっている状態。

・・・だったのですが、「映像に残らなくてもいいかも」と思えるようなことが起きた先週末。
はい、私にとってはミラクルな体験でした。

先週末、土日の2日間に特別ワークショップをやらせてもらいました。
いつもダンスクラスの時にジェンベ演奏でサポートしてくれているもじゃくんが、大阪にいた頃に一緒に練習していた仲間たち(「タリベ」というグループ)のためのグループワークをオーガナイズしてくれました。

もともと大阪の大学でのサークルで、現在も学生が受け継ぎつつOBたちとも交流しながら活動していて、今回も大阪在住、東京在住、社会人、学生合わせてなんと!14人も参加してくれました。

いや〜、すごかった、ゴージャスだった、熱かった!
そして、ドラムクラスもダンスクラスも、単にみんなが「楽しくやれてよかった〜」というレベルではなく、もう本当にディープな内容を集中してできたことが素晴らしかった!
正直、ほとんどのメンバーと初めて会うわけで、どういう内容になるか、どこまで伝えられるかはやってみないと分からなかったのです。一応、事前にやるリズムや内容についての要望は聞かせてもらい、あとは場所の広さなども考慮して、私なりに作戦立てて臨みましたが、タリベのメンバーたちは想像以上の集中力と反応のよさと捉えどころのよさで、私も存分に「伝える」ことができました。

実は「伝えること」って、すごくエネルギーがいることなんです。
相手が望んでいないことを伝えようとしてもそれは押しつけになってしまうし、逆にたとえ相手が望んでいても、いろんな意味で準備が整っていないと未消化で終わってしまう。
このあたりのことは長年クラスをやってきて、ものすごく葛藤があったり試行錯誤があったりしてきたことなんです。
なのに、タリベのメンバーたちは、ほとんど初めて会ったのに、そして、もちろん2日間という限られた時間だったのに、ものすごく手応えを感じられたのですよ。つまり、私が積み重ねてきたものを共有していけるのではないかと思えたのです。
そうなんです。伝えられる人がいてくれれば、「画像に残す」ことが例えできなくてもいいのではと思えたのです。
これはね、すごいことなんです。
具体的なことはまたそのうち改めて書く(かも?)として。

今回の素敵な展開、そして素晴らしい可能性・・・。
もじゃくん、ありがとう。
そして第2弾、よろしく。


写真は2日目のワークショップの後に撮ったもの。1日目は盛り上がりすぎて写真撮るのを忘れたので、この日に大阪に帰ってしまったしほちゃんが写ってないのが残念。
そしてスタジオの目の前のたいやき屋さんで買ってきたたい焼き。踊りまくった後のたい焼きは沁みた。


画像



画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さらば、ジンクス!タリベ、サンクス! マリリズム日記 by 武田マリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる