マリリズム日記 by 武田マリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「聴く」ということ

<<   作成日時 : 2007/02/08 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


職業柄、「聴く」ということは欠かせないので、聴くことに関してはついつい考えたり感じることが多いですね。

もちろん、ダンスの時はドラマーが演奏する音を聴くわけで、これがコミュニケーションの基本ですから、「聴く」なくしては始まらないわけです。ダンスクラスではそれも含めて練習するので、ただダンスしてるだけじゃないから面白いんだけど、どこまで「聴けてる」かって話になると単に聴覚的な「聞き分け能力」だけでなく、経験とか知識とか感性とか身体能力とかが関わってくるので、ものすごく個人差が出ます。

さらに普通の生活で感じるのは、「聴く」ことをきちんとやろうとしている人は案外少ないってこと。当たり前だけど、とりあえず障害なく聞こえてしまい、特別に訓練したり気にかけたりすることがなければ仕方ないんだろうけど、そういう人とは会話してても「あ、この人聴いてない」って分かっちゃうのね。おもわず、ジェンベかアフリカンダンスでもやったら?と言いたくなるが、まあ、耳だけの問題ではなく、聴く心がなければ何をやっても変わらないんだろうけどね。

そんなわけで「聴く」について考えさせられるわけです。
もちろん、聴くだけで何も言わないってのもコミュニケーション放棄だから問題なんだろうけど。

逆にしっかり聴いてくれてる人との関係はとても心地よいものです。例え考えが違っても、お互いがしっかり向き合っているわけですから、きちんとコミュニケーションが成立してるわけです。まあ、これがなかなかやろうとしてやれるもんでもないから難しいんだけどね…と、己を振り返りつつ、心掛けをなくさないようにしたいと思っているのです。

ちなみに自分の身体と向き合うことをするのも、身体の言い分を「聴く」わけで、感性が目覚めますよ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「聴く」ということ マリリズム日記 by 武田マリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる