マリリズム日記 by 武田マリ

アクセスカウンタ

zoom RSS Life!(7)

<<   作成日時 : 2008/03/13 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょうど2週間前の今日、私は手術を受けました。

専門的な話になりますが「手術の説明・同意書」によると、私が受けた手術は「甲状腺右葉切除、気管傍郭清、右側頸部郭清」というそうです。こんな書き方だとちょっと重々しい感じですが、もうちょっとシンプルに説明します。
以前書いたように、甲状腺というのは蝶々のような形をしていて、私はこの右側の羽にトラブルが起きていたので、この部分の切除をしました。症状によっては全摘しなくてはならない場合もあるのですが、幸い左側は問題なかったので、「できるだけ甲状腺を温存する」という方法でお願いしました。これが、「甲状腺右葉切除」。

これも以前書いたように、甲状腺乳頭癌はおとなしい癌です。最初の診察の時、CT検査で肺への転移がないかどうかを調べたのですが、この心配がなければ、他の臓器に転移する可能性は極めて低いそうです。
ただし…甲状腺周辺のリンパへの転移というのは甲状腺癌が見つかった場合、20〜80%の割合で起きていると言われていて、私も発見までにそれなりの時間がかかってしまったため頸部リンパや気管のあたりにも散らばってしまっていたのです。なので、それを「お掃除する(by主治医)」というのが「気管傍郭清、右側頸部郭清」。

私が手術を受けたのは午後でした。
朝、主治医の先生が部屋に来て、「ちょっと印つけさせてねー」と、私の首に赤い油性マジックでかなり大胆に線を書き込みました。かなりアナログな作業にしばし唖然…。鏡を見ると結構、情けない。
そして「聞いてると思うけど、2箇所切りますので…」。あれ?先生…その話聞いてないような…。でも、リンパ郭清のために仕方ないらしい…。まあ、そんな話を聞いても、手術を受けたことがない私は、どういうことが起きるかまったく想像もつかず、だから恐怖心が湧くということもほとんどなかったです。
「じゃあ、今日よろしくお願いします。頑張ってくださいね。」と先生。はい、よろしくお願いします…って
本番前の挨拶だね。大丈夫、本番には強いので、とは言いませんでしたが。

当日は朝から、決められた時間に決められた量の水を飲むことしかやることなくて、一応予定開始時間は告げられていたんだけど、午前の手術の状況次第で前後しますので、部屋で待機しててくださいと言われ、やることないから、とりあえずマンジャーニで軽くウォームアップでもしとくか…。手術前にウォームアップするの、私くらいだろうなぁ…。

手術室までは自分で歩いて行きます。手術中、家族はPHSを渡されて、手術が終わったら先生から電話がかかってきたそうです。約4時間、スーパードリームで富士山登ってこれるかなーとか考えてたけど、次に意識が戻った時は割と普通で「あ、終わったんだ…」。
痛みはあまり感じなかったけど、首をしめつけられる感じとのどが乾く感じ。そして、親知らずを抜いた後のようなしびれと腫れの感じを右のアゴ下あたりに感じながら、さすがに寝苦しい夜を迎えたのでした。
(つづく)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Life!(7) マリリズム日記 by 武田マリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる