マリリズム日記 by 武田マリ

アクセスカウンタ

zoom RSS ずっと夢見させてくれてありがとう

<<   作成日時 : 2009/06/15 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ずっと、ずっと何て書いていいかわからなくて、下書きしてはお蔵入りっていう文章はいっぱいあるのですよ。実は。だから、ブログがアップされてなくても、武田マリは何か考えたり悩んだり下書きしたりしてることもかなりあるのです。

キヨシローの訃報を5月2日に聞いた時は、本当に実感がなくて。ウチ、テレビがないから。そして、その日はダンスクラスから戻ってきての深夜だったし、次の日からは集中クラスだったからなおさら。

でも、癌だったでしょ、キヨシロー。最初はのどの癌。私ものどに癌。種類は全然違って、私は甲状腺だったからすごくおとなしくて化学療法も一切なしで済んだけど、精神的には、「キヨシローものどに癌だし頑張ってるんだから・・・」みたいに、勝手に仲間意識で心の支えになっていただいたりしてたわけです。

でもね、キヨシローの再発を聞いた時はちょっとしんどくて、だから訃報を聞いた時はショックだったんだけど、「いや、でもよく頑張ってくれたよ」というのが最初に思ったことだったのです。

同世代の知り合いの音楽好きの人が、「rockin’ on Japan」から追悼号が6月5日に出るのよ!と教えてくれて、もちろんその日は出かけた時に本屋に直行してすぐに購入。それからじっくりじっくりと読んでます。

でね、もちろん、キヨシローの追悼号だし、キヨシローの過去のインタビューなんかを読んで今さらながら、そうだったんだ〜あの頃、みたいなこと楽しんだり、その頃のこと思い出したりしてたのだけどね、チャボのインタビュー読んで、これがちょっときちゃってね。

いや、私は癌といっても本当におとなしいヤツだったから、そして、手術に至るまでに、本当にいろんな人に支えられて前向きに臨めたから、だからすごく幸せだったし、よかった〜と思っていたのですよ。でも、これは本人だったから。
「癌です」と言われた本人はとにかく自分で立ち向かうしかないんですよ。当たり前だけど。でもね、何かしたいけど直接何もできずに見守るしかない周囲の人って、本当は本人よりもある意味しんどいんじゃないかなと。チャボのインタビュー読んですごくそれを感じたのです。

癌が見つかったと、最初に伝えた武田ヒロユキには、本当にそんな思いを抱えて日々を過ごしてもらっていたのだと改めて痛感。そして、家族をはじめ、数名の事前にお伝えしていた人たちにもそんな思いを抱えさせてしまったことを考えてしまいました。いや、みなさん本当にその節はありがとうございました。改めて感謝です。

そして、キヨシローとチャボと、追悼号を出してくれた渋谷陽一氏にも感謝。


ちなみにタイトルはタイマーズでキヨシローが歌ってた「デイドリームビリーバー」の歌詞。この話はまたいずれ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ずっと夢見させてくれてありがとう マリリズム日記 by 武田マリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる